ペコ式ダイエットを3ヶ月試した結果!

日記 いろいろ

ペコダイエットをアレンジしてやってみる!

更新日:

ペコちゃんダイエットを知る前に自分でやっていたダイエット方法から説明します。

仕事のストレスで過食してしまい、人生最重量になっていまいダイエットをはじめました。
太りやすい体質なので、毎年暑い夏場(6月〜9月)だけ集中してダイエットをしていました。その内容は…
【仕事のある日】(早番、中番の日)
・朝、昼は500カロリー以下。
・帰宅後、空腹状態のままランニング&ウォーキング1時間半。
・帰宅後はプロテイン。

【休みの日】
・朝は普通に食べる。
・昼は300カロリー以下。
・夕方にランニング&ウォーキング1時間半。
・帰宅後プロテインを摂り1時間ほど休憩。
・夜のランニング&ウォーキング1時間。
・プロテイン。
◎どうしてもお腹が空いた時はゼリーやグミ、ヨーグルトなど油っこくないものを完食。

…となかなかストイックに行っていました。筋肉をつけながら落とすイメージで、5〜6キロはこれで痩せていました。

しかし今年は運動をする気力もないくらいストレスが溜まり、夏も過食してしまいました。その結果去年の秋からこの1年で9キロも太ってしまいました。

仕事を辞めて時間が出来たので、すぐにいつものダイエットを始めました。しかし秋冬は汗をかき過ぎると風邪を引いてしまうので、なかなか落ちずにいました。そんな時にぺこちゃん式ダイエットを知りました。

ペコちゃんダイエットを取り入れた自分流アレンジダイエットは…
・朝は好きなものをカロリーも気にせず食べる。
・昼は我慢…無理なら軽めに。
・16時前には昼兼夕食を食べる。
・ランニング&ウォーキング1時間半。
・プロテイン。
◎体重は毎日記録。
◎お風呂でセルライトをマッサージ。
◎どうしてもお腹が空いたらヨーグルトやゼリーなど低カロリー、低脂肪なものならOK。
◎土日はダイエット休み。

…となりました。
“毎日食べたものを記録する”は、食べてしまうことに対し恐怖を感じるようになり、何も食べなくなり体調を崩してしまったので、これは辞めました。

ペコちゃんは“19時までに夕食を食べる”でしたが、私は16時には食べ終えてました。1日2食形式にしました。旦那の夕飯を作らなければならず、食べ物を前にして我慢するのはキツイので、夕飯を日中の内に作ってしまい、そのまま先に食べてしまっていました。その後残りは旦那用にし、それでも残ったものは次の日の朝食にまわしてました。

16時に食べ終わり、次の日の朝は6時に起きるとして14時間は食べないということなので、毎日がプチ断食のようでした。最初はお腹が空いてたまらなかったですが、1週間もすると慣れてしまいました。食べたいものは朝食べるようにしていたので、次の日の朝が来るのが楽しみで仕方がありませんでした。

東北住みなので、あまりの寒さにランニング&ウォーキングが出来ない日もあります。また土日は旦那や友人と楽しく過ごすためにダイエットはお休みしました。それでもこの方法で1カ月で2キロ落とすことが出来ました。

ペコちゃんダイエットで良かったことは、記録はちゃんとつけることと、夕食を早めに食べ終えてしまうということです。私は早すぎるかもしれないですが…。体重グラフが少しずつ下がる様子を見ると嬉しくなります。

ペコちゃんは自分の好きなもの、やりたいことのためには周りは気にせずストイックに行っている所が若いのに凄いなと思います。私もそのストイックさを見習って、これからも自分のペースでダイエットを楽しみながら頑張ろうと思います。

ペコダイエットの経験

-日記 いろいろ

Copyright© , 2017 AllRights Reserved.